【鳥取】鳥取城の御城印|販売場所はどこ?いくらで買えるの?

スポンサーリンク

鳥取城の御城印情報|販売場所や料金、デザインを紹介

鳥取城の御城印は鳥取県の礎を築いた鳥取池田氏の家紋「丸に揚羽蝶(右)」と因幡と伯耆(ほうき)を意味する「角輪紋」があしらわれ、「国指定史跡 鳥取城」と墨書きされたデザイン。
和紙には浅草寺雷門の提灯にも採用されたことのある「因州和紙」が使われています。
日付は空欄ですが、書家が書いた漢数字のゴム印にて日付を押印できる形式です。

販売は「国指定重要文化財 仁風閣(じんぷうかく)」の受付にて300円で販売されています。
仁風閣の観覧には料金が必要ですが、御城印を買うだけなら観覧料は不要です。
仁風閣には休館日があるので、休館日に行かないように注意しましょう。

販売場所仁風閣内受付(地図)
営業時間:9時~17時(最終受付16時30分まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)
観覧料:一般150円、小中高生無料
料金300円
頒布方式書き置き(印刷)

鳥取城跡の基本情報|所在地や営業時間、入場料などを紹介

所在地鳥取県鳥取市東町1-220(地図)
TEL-
営業時間24時間自由
定休日なし
入場料無料
アクセスJR「鳥取駅」からバス「仁風閣・県立博物館」下車後、徒歩約5分
駐車場あり(堀の端に約8台分)
※土日は県庁の駐車場が開放されます
公式サイト鳥取市観光コンベンション協会

コメント

タイトルとURLをコピーしました